就活ポータルサイト

就活アワード2011

アワードの想い

佐々木雅士

株式会社インフォランス
代表取締役 佐々木 雅士

就職活動を通して人生を真剣に考えてほしい

就職する会社を選択するということは、人生の中において非常に大きな選択で、同時に大きな岐路になる。それにも関わらず、就職活動をよく考えず真剣に捉えていない人がかなり多い。感覚的になるが、約8割の学生は就職活動に中途半端な捉え方で取り組んでいるように感じる。就職活動に真剣に取り組んでいない人が職選びで失敗して、その後に不幸な人生を歩むことになったとしても、そのことは何も問題ではない。甘い考えで人生に臨み、その結果で失敗したとしても、それは自業自得だからである。自分の人生は自分が責任を負う、自己責任の原則通りである。

本当は、自分がやりたいことができる企業を見つけられたのかどうかが、就職活動を成功したと言える一番大切なポイントである。就職先を決めた相手に対して、ただ安定しているから、有名な企業だからと言って、よく考えることなく賞賛するのは必ずしも相手の人生を真剣に考えてあげていることにはならない。今となってはよく言われていることだが、大企業イコール安定ではないし、企業の終身雇用も昔の話だ。大企業の倒産もよく耳にする時代になっている。就職先の選定で大切なことは、企業のビジョンやミッションに共感ができて、楽しんで働くことができるかどうかであり、たとえ就職先が倒れても、どこにでも通用するポータブルスキルを身に付けられるのかどうかである。

学生は、古い時代に行われてきたような、会社概要を通した雇用条件や知名度だけで企業を選ぶような愚策を弄してはいけない。この就活アワード2012を通じて、就職活動に真剣に取り組んでいる学生の支援になれることを心から願っている。

  • 学生に求める人物像
  • 働き甲斐のある項目から探す
経営者ブログ

特別な存在

(2011/09/05 会長ブログ(株式会社ヘッドウォータース代表取締役:篠田庸介))

戌の日の安産祈願

(2011/09/05 あゆぷろ@社長日記(18禁))

■ソフトバンクアカデミア公開講義「危機克服の極意」

(2011/09/05 チャンスイット社長 山口義徳アワー 『ブロッていいとも♪』)

  • 運営ブログ
    運営スタッフのブログ